屋久島旅行で感動の連続

屋久島に旅行に行ったのですが、屋久杉はもちろんのこと、海、川どれも素晴らしかったです。縄文杉は桁はずの大きさと歴史があります。高さは30m、幹周は16m、樹齢は3000年以上と言われています。情報をあまり入れないで縄文杉に行ったので、驚愕しました。それと、同時に感動を覚えました。また、森の匂いも素晴しく、心が洗われるようでした。日々の、嫌なことが全て吹き飛んでいました。それだけ、すごい杉です。もし、許されるなら、縄文杉の下にベッドを敷いて、寝てみたいですね。夜には、ウミガメの産卵を見ることができました。TVで何度か見たことがあったのですが、生の産卵シーンはまた違った迫力がありました。卵が出てくるたびに、思わず応援をしていました。また、ウミガメの涙も見ることができ、本当に良かったです。産卵後は砂をかぶせて卵を隠すのですが、誰にも教わることなく、自然にああいう行動をしているかと思うと、本当に不思議な気持ちなりました。次は、ウミガメの孵化の時期に訪れたいです。

屋久島ツアーのお土産

屋久島といったら、1000年以上前に生えている巨大な杉や周辺の大自然があって、動植物にとってパラダイスにふさわしい島ですが、言うまでもなくツアーに行って手に入れられる名物のお土産も実在しています。どういうのが実在しているかと言ったら、キーホルダーや腕輪を始めとするアクセサリー類、お酒、マンゴーや黒糖を使ったスイーツと多種多様です。キーホルダーやアクセサリー類は買っておいて損はないです。何しろ、屋久島自体がパワースポットになっていて、そこで売られているキーホルダーやアクセサリー類は何かしらのご利益が得られる気がするからです。お酒やスイーツも遜色がなく、見るからにしておいしそうです。ご馳走と言われるにふさわしいのではないかという気もします。なので、屋久島へ行って巨大な杉を見た後は、お土産巡りをするのも一興だと考えています。

屋久島の自然を遊びつくしましょう

屋久島では自然を満喫することができます。屋久島の象徴、縄文杉は3000年以上の歴史がある杉です。この島に足を運んだら、必ず立ち寄りたい場所です。5月からはウミガメの産卵シーズンが始まります。一度見たら、その感動は一生忘れることは無いと思います。8月上旬~9月下旬にかけてウミガメの孵化のシーズンです。何百匹のウミガメの子供が海に旅立つシーンは、壮大で、神秘的です。また、ここの海は非常に美しく、透明度も高いです。その中で、楽しむことの出来るスキューバーダイビングは最高です。温帯から亜熱帯までの属性を併せ持つ海で、回遊魚も非常に豊富です。海に潜ると、そこはおとぎの世界です。地形も非常に綺麗で、魚と地形、両方を楽しむことの出来る海です。シーカヤックに乗り、屋久島を海から楽しむこともお勧めです。海に落ちる滝、入江や洞窟、断崖絶壁などを、胸を躍らせてくれるものも、数多くあります。日本で、ここまで、自然と遊べる島はなかなかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*